弱小ランナーとし

頑張ってる自分が好きです。でも、頑張るのも練習も好きではありません(^^;ゞ
そんなランナーがサブ3.5を目指し愛犬チョコ(♀)と走っています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編) | main | 第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(あとがき) >>

第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編)

●本日のラン
ランオフ
4月度走行距離:141km(チョコ:103km)
今月の目標:190km

軽い筋肉痛は残っていますが、あとは問題ありませんゆう★
ですが、朝起きてみたら雨が降っていました。
きっと 「もう少しだけ休みなさん」 という事でしょう。

そこで、あっさりとランオフを決め込みました〜 ゆう★
さすがに明日は少し走るつもりでいます。
痛くはないけど、きっと脚が重いんだろうな。

そろそろウルトラの練習もしないとな ぴよピヨ
→長い距離を走るのも… 嫌いです。

ラインライン 第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編) ラインライン

あとはロードだけ走って終わりだと思い込んでました汗
そう思って、意気揚々と走っていました。
しかし、コースはまた山の中に入っていきます。

25km付近から最後の難関・松茸山を走る事になります山やま
 今までで散々脚を酷使してきたのに!
 あとはロードだけだと思っていたのに!!

脚が辛いというより、気持ち的にかなり辛かったです。

走ったり歩いたりしながら進みましたトレラン前歩き トレラン前
手摺を使わないと登れない階段も存在しました。
 →あくまでも、ぼくの場合は… です。
それでも山頂(26.7km付近)に何とか辿り着きました。

その頂上にスタッフの方がいらっしゃいましたがんばれがんばれ
少し休みながらお話をしました。
『今回の参加者は516人位だよ』
『もう420人以上はここを通ったよ』
『あとは登りはないよ』
『下り終わったら祠を右に進むんだよ』
『左に行ったら遠回りになるよ』

いろいろな情報をありがとうございました。

1.5kmほど下ると、山から抜け出しましたゆう★
これで残りは本当に林道とロードのみとなります。
そこで暑さのために急遽設置されたエイドで一休みです。
 →ここでも水を500ml補給させてもらいました。

エイドにいたお兄さんと少しお話しました♪
 男「ゴールでは自販機はありますか?」
 
男「冷たいコーラが飲みたくて… 仕方ないんです!!」
 男『あはは、分かりますよ』
 男『ぼくはさっき、ホットコーラを飲みました』
 男『帰って冷たいコーラを飲んで下さいね』
 男『もう歩いても制限時間にゴール出来ますよ♪』
お気楽な話が出来て、少し心に余裕が出ました。
お兄さん、ありがとう〜。

あと5〜6kmでゴールで、残りは ほとんどロードですて
お気楽に走れば終了なんです。
それなのに、なぜかみんな歩いています。
そしてぼくもお兄さんの声が耳に残っています。
「もう、歩いて行ってもゴールに間に合いますよ!!」

結局、少しでも上り坂になると歩いちゃいましたゆう★
 →やっぱり弱小ランナーですね。
「もしかしたらまた何かある?」 と慎重になりました。
でも、さすがに何もありませんでした。

最後、会場脇の駐車場を廻り込んでゴールでしたゆう★
すぐにゴールだと思ったので、少し嫌になりました。
それでも終わりました。何とか走り切れました。

とてつもなく辛かったですつらい
もう 2度と走りたいだなんて思うことはあり得ないです。
うん、そう思っています。
来年は 走らない! と  たぶん    思います。
(つづく)  え? つづくの!?

先の分からないコースを走るのは恐怖を抱く時がある。
 この坂がずっと続くのか?
 どこまで頑張れば終わるのか?
 まだ激坂が存在するのか?

思うに、分かっていれば気持ち的にずいぶん違う。
もしまたこの大会に出ることがあれば…
次はもう少し楽に走れるのかな。


(画像はクリックすると大きくなります) (Xperiaで撮影)
第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編)
スタートから3時間05分・辛い登りが終わった14.7km付近です。
ふと見た風景に心癒されました。
ただ、それも一瞬のことです。 すぐに苦しい旅の始まりです。


第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編)
スタートから4時間23分・19.5km付近です。
最高地点も通り過ぎ、下り坂が続きます。
足元に気を付けて走ったり歩いたりです。
(ここはまだ道が分かるので、1人でも道に迷わないでしょう)


第10回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編)
スタートから4時間24分・上の写真より少し行ったところです。
さて、どこがコースだろう? まっすぐ? 斜め右?
それとも左に曲がっていくのだろうか?
1人だったら絶対にコースアウトしたと思います。
でも、第2関門(20.8km)まであと少しです。


クリックすると このブログの順位が分かります 

ぼくは眠りの質が悪いです。眠りが浅いんです。
なので、寝ても寝ても疲れがとれません。
あまりにも疲れが抜けない時 これを飲んで寝ます。


JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

ジョグ | comments(14) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

他のランナーの姿が全然写っていないのですが、独走状態なのですか?周りに人がいないと余計に不安になりますね。なるほどロード率の差が初心者向けと上級者向けの違いですか。
山 | 2018/04/25 9:44 PM

たくさん脚を使った中、無事にゴールまで頑張られましたねv(^^)

コースを知らないと、ある意味で不安ですね。
でも[コースを知らない大会に参加するのは]面白いものもあると思います(^∇^)
monoran | 2018/04/25 9:47 PM
僕は本格的なトレイルのレースには出たことはありませんが、出てみるのもいいかも?って写真を見ていて思いました。
さてつぎはいよいよウルトラですか。
挑戦を楽しんでいきましょう!
なみのり | 2018/04/26 7:23 AM
初めてのコースは
自分も初コースは
不安ですけど、ちょっとワクワクします
2回目はもっと上手く走ろうと
自分も思います
新たな取り組みしてるのですから
ワクワクを楽しんでくださいね〜

自分もワクワク目指して新しい大会でも
出ようかな?
takaki | 2018/04/26 8:12 AM
確かに初めてのコースは、いろいろ不安ですよね。
そんな中、スタッフさんとのおしゃべりにも助けられ、ホント、頑張りましたね〜。
こういうレースこそ、疲れが一段落すると、もう一度チャレンジしたくなる・・・なんてこともありますよね(^_-)-☆
かおる | 2018/04/26 10:04 AM
山のアップダウンは半端ないので、どこまで続くのかわからないと萎えますよね。
でも、最後までがんばりましたね。しっかり疲れを取って次に向ってください(^^)/
たこ | 2018/04/26 2:18 PM
お疲れ様でした。
やはりトレイル、厳しいですね。
マカプウ | 2018/04/26 7:32 PM
☆彡山さん
参加人数も500人程度ですし、走力(?)も違いますし、前後に人がいないというのは序盤以外はざらでした。
たぶん、トレイル大会やウルトラなどでは珍しいことではないと思われます。
昔出た奥武蔵ウルトラでも、けっこう1人旅になりましたしね(^^;ゞ
ロード率の差での分け方は、“この大会では”の注釈付きですよ〜。
とし | 2018/04/26 8:00 PM
☆彡monoranさん
ロードでのフルくらいまでなら、それもまた楽しいと思います。
(それでもキツいですけど…)
ただ、ウルトラやトレイルでは、かなり辛いと思いました(;^_^A
本当はどんな大会でも試走が出来たら一番良いのでしょうね。
とし | 2018/04/26 8:02 PM
☆彡なみのりさん
何が本格的なのか、ぼくには分かりません。
でも、本格的と言われる大会の中には、岩山をよじ登ったりよじ下ったり(?)するものもあるようです。
走友会のメンバーの中には、ハセツネ(山岳レース)に出て滑落・骨折した者もいます。
ぼくの中では、今回のレース程度のものが限界かなぁ〜(´▽`*)あは
なみのりさんも、新たにチャレンジしてみますか?
話しは変わりますが、萩往還のボランティア頑張って下さい。
ぼくはスタッフの方にとても助けられたと思っています。
とし | 2018/04/26 8:05 PM
☆彡takakiさん
ぼくは初めてのコースは、ドキドキだらけになります。
ネットで情報を探しまくりますが、メジャー大会以外は無い場合が多いし、あってもイメージするのが難しいです。
takakiさんも、新たなことにチャレンジしてみます?
でもまだ、その前にやるべきことがいっぱいありますよね(^_-)-☆
とし | 2018/04/26 8:08 PM
☆彡かおるさん
第一目標は“楽しむこと(笑顔でゴール)”でしたから、スタッフの方となるべく接するように心がけていました。
ロードのメジャー大会とは違いますから、それと比べると確かに劣る所はいろいろあります。
でも、それ以上にみなさん優しく、親切に接してくれました。
1か所、施設エイドが出ていました。
女性と小学生くらいの子供がランナーに一生懸命に声をかけてくれていました。
本当にありがたかったです(uu *)
え? もう一度?  う〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ん!!!!!
とし | 2018/04/26 8:15 PM
☆彡たこさん
まさしくそうでした。
上を見ても空しか見えません。
「あそこが登りが終わりか?」と思って頑張っていっても、まだまだ登りは続いていました。
本当に心が折れました。
はい、次はアップダウンの厳しい65kmのウルトラです。
また頑張りたいと思います(^-^)/
とし | 2018/04/26 8:18 PM
☆彡マカプウさん
はい、今回はかなり厳しかったです。
でも、奥武蔵も劣らずに厳しい大会でした。
ということで、来月のウルトラもビクビクしています堯; ̄□ ̄A
でもまた奥武蔵に出てみたい気もしています。
とし | 2018/04/26 8:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi330.jugem.jp/trackback/4484
この記事に対するトラックバック