弱小ランナーとし

頑張ってる自分が好きです。でも、頑張るのも練習も好きではありません(^^;ゞ
そんなランナーがサブ3.5を目指し愛犬チョコ(♀)と走っています。
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4.22kmで強制終了(>_<) | main | ダイエット10週間目 >>

10kmスロージョグ

●本日のラン
ジョグ:10km - 1時間19分02秒78(7分54秒28/km)
シューズ:ナイキ エアズーム ペガサス 33
チョコ と一緒に走る
10月度走行距離:62km(チョコ:62km)
今月の目標:190km

両脹脛の痛みは、強いこわばりへと変わりましたゆう★
昨日、無理しなかったのが良かったのでしょうね。
そこで ゆっくりと走ってみることにしました。

ただ昨日は、寒い中3kmほど歩いて帰って来ましたゆう★
 →汗もけっこうかいてました。
幸いなことに、風邪が悪化することはなかったです
でも、少しも良くなりませんでした。

そこで、途中でやめても大丈夫な格好で走りました
ドライレイヤー + Tシャツ + GORE-TEXウエア です。
 →弱い雨が降ってました。
もちろんチョコにはレインコートを着せました。

 7:58.58 →  7:56.81  →  8:00.92  →  7:57.05  →  7:42.63
 (113)   →   (118)   →    (121)   →     (121)   →    (122)
 7:45.52 →  8:07.51  →  8:09.63  →  7:44.15  →  7:39.98
 (122)   →   (121)   →    (120)   →     (126)   →    (125)
 ※平均心拍数:121bpm 最大心拍数:134bpm
 ※平均ピッチ:164spm 平均ストライド:0.76m

途中、何度か弱い痛みが左脹脛に出ました顔
でも ペースを落とすとその痛みは引いていきました。
結局、10kmを走り切ることが出来ました。

風邪も脹脛痛も完治した訳ではありませんゆう★
気を付けながら練習を続けていこうと思います。
ただし、無理はしないようにします。

当然ですが、明日はランオフします パンダ あは


昨日、もしやと思って調剤薬局に電話した。
「処方薬に肉離れ等の副作用を起こすものはないですか?」
答えは… 「有ります」 だった。
(添付文書より)
副作用
<前略>
3)痙攣:痙攣があらわれることがあるので、観察を十分に
行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処
置を行うこと。
<中略>
12)アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害:アキレス腱炎、 腱
断裂等の腱障害があらわれることがあるので、腱周辺の痛
み、浮腫等の症状が認められた場合には投与を中止し、適
切な処置を行うこと。
<後略>

薬の服薬を中止した。
しばらく様子をみることになった。
ただ、起こってしまった障害は服薬を中止しても治らない。
自分のせいではないと思うので… ちょっと悔しい!


(画像はクリックすると大きくなります)
10kmスロージョグ
「ディトレーニング(脱トレーニング)」
1週間以上通常よりかなり少ないトレーニングの為、フィットネ
スに影響を与えています。トレーニング負荷を増やして下さい。
って、分かってはいるんですよ。 はい。

クリックすると このブログの順位が分かります 

 

ぼくは眠りの質が悪いです。眠りが浅いんです。
なので、寝ても寝ても疲れがとれません。
あまりにも疲れが抜けない時 これを飲んで寝ます。


JUGEMテーマ:マラソン・ランニング

ペース走 | comments(16) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

ちょっとググるだけでクラビット錠500mgの副作用、或いはキノロン系抗菌薬による腱障害に関する情報がわんさかヒットしますね。効き目の範囲が広いので病院では「抗生剤出しておきますね」くらいの簡単コメントで気軽に処方するのかもだけど、添付文書の副作用の長々とした記述見たらちょっと怖くなる感じ。またまた私の病院・薬嫌いに拍車がかかりそうです。お大事に。
走猫麺 | 2018/10/14 2:00 PM
うーん抗菌薬の影響だったかもですか
自分は抗生剤嫌いで、ほんと必要な時しか飲みたくありません・・
風邪には効かないのに処方しているということも聞きますし。。
takaki | 2018/10/14 7:55 PM
処方薬から故障に繋がるとは考えもしませんでした。
服薬中に運動するなということですかね。
レース前の体調管理により慎重にならねばと考えさせられました。
としさん、風邪が治るまでは無理しないでくださいね。
norio | 2018/10/14 8:52 PM
え〜、そんなことがあるのですね。
びっくりしました。
薬の副作用はこわいですね。でも、抗菌剤や抗生剤は飲み切らないと・・・と出されたらしっかり飲んじゃいます。う〜〜〜ん・・・
練習無理しないでね〜。
かおる | 2018/10/14 10:51 PM

[故障か!?]と思いましたが、どうやら大丈夫のようですねm(__)m

「薬の副作用のせい」とは、恐ろしいですね…
「痙攣(こむら返り)」ならまだしも、断裂なんかしたら 悔しい以上の怒りですね。

引き続き、お大事にです。
monoran | 2018/10/15 5:26 AM
副作用で肉離れなんてあるんですね。
うかうか薬も飲めませんね。
まずは風邪を治してから、ということですね。
なみのり  | 2018/10/15 6:36 AM
服薬中の運動はやはり最新の注意が必要なのですね。
山 | 2018/10/15 8:31 AM
薬で肉離れですか。ほんと、ビックリしました。お気をつけて。私の鉄剤も副作用あります。
とっきゅう | 2018/10/15 7:26 PM
☆彡走猫麺さん
今回、若い医師が診てくれたんです。
ちょっとチャラい感じの… です。
看護師さんとは楽しそうに話してましたが、問診はほとんなく喉の赤みを見ただけで薬を処方しました。
しかも、何の薬なのかの説明もありませんでした。
そんな医師だったので、呆れてこちらも無視しちゃったんですよね。
「薬さえもらえればいいや」って。
こういう医師に当たると嫌いになっちゃうのは分かります。
でも、本当に良い医師も… たまにいるんですよ(*^o^*)
とし | 2018/10/15 7:28 PM
☆彡takakiさん
まあ、日本は薬大国ですからね(^^;ゞ
「薬さえ出してればいいや」っていう医師も中にはいます。
ちなみに抗菌剤は「念のため」に出していることが多いです。
菌検査してませんからね。
とし | 2018/10/15 7:33 PM
☆彡norioさん
副作用については、添付文書に「まれに」とか「ときに」と書かれていることがあります。
前者は0.1%未満、後者は0.1〜5%未満の頻度で副作用が出るという事になります。
今回、その文言がありません。
とすると、かなりの確率で副作用が出るということです。
「ちゃんと教えてよ〜!!」ですよね。
モチベーションだだ下がりなので、無理する気力がありません(´▽`;)
とし | 2018/10/15 7:35 PM
☆彡かおるさん
基本的には飲み切って下さい。
耐性菌を作ってしまう可能性があります。
そうすると、2度とその薬が効かなくなります。
今回は副作用が出たので仕方なくの服薬中止となりました。
飲み続けると、もっと悪くなることが想定されましたのでね(;^_^A
はい、無理しませんよ〜。
とし | 2018/10/15 7:38 PM
☆彡monoranさん
いや、故障中です。
ただし、走り過ぎでも無理したのでもなく、薬の副作用による故障です。
薬に対しては怒っていません。
ただ、何も説明もせず、カルテも見ず、「とにかく出しちゃえ」とした医師に怒っています。
人生って、いろいろありますね(;´Д`A ```
とし | 2018/10/15 7:41 PM
☆彡なみのりさん
痙攣等の副作用がある薬があるのは知っていました。
でも、腱断裂まで起こす薬があるのは知りませんでした。
もう、そういう世界から身を引いて25年以上が経ちます。
自分の身をもってして、改めて勉強になりました(>_<)
とし | 2018/10/15 7:43 PM
☆彡山さん
服薬しながらでも運動がOKの場合がありますよ。
サプリのような薬を飲みながらならまったく問題ないです(^-^)/
ちなみに、今回は副作用なので走らなくても故障しました。
とし | 2018/10/15 7:45 PM
☆彡とっきゅうさん
本当にビックリです。
鉄剤の副作用だと、下痢・嘔吐などの胃腸系でしょうかね。
古くからある薬ですし、サプリでも使われているので心配する必要はないと思います。
ただし、用法容量は守って下さい(*^o^*)
とし | 2018/10/15 7:46 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi330.jugem.jp/trackback/4656
この記事に対するトラックバック