弱小ランナーとし

頑張ってる自分が好きです。でも、頑張るのも練習も好きではありません(^^;ゞ
そんなランナーがサブ3.5を目指し愛犬チョコ(♀)と走っています。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 痛みが引いてきた(*^o^*) | main | 再びイメージトレーニング(`O´)/ >>

イメージトレーニング

●本日のラン
ランオフ
4月度走行距離:66km(チョコ:56km)
今月の目標:未定​


いま、捻挫と肋間神経痛で走れていません
でも、もう 4日後には大会があるんですよね。
そこで、イメージトレーニングをしてみました。

 最初はロードの上り坂。
 山に向かう道なのでそれなりに辛い。
 10km程走ると林道に入る。
 走りにくいし、坂がキツい。
 約11kmで山の中へ。
 歩いて登るのも辛いとんでもない斜面。
 喘ぎながら進む。
 辛い、辛い、立っているだけでも辛い。
 もう嫌、進みたくない!!


ここでイメージトレーニングを中止しましたうー
続けたら大会に行くのが嫌になっちゃいますもん。
弱小ランナーですからね(笑)

でも、これを克服しないといけませんねゆう★
逃げてちゃいけませんよね
そうすれば、道は拓けるはずですよね。

よし、また明日頑張ってみよう ひよこ がんば
→頑張るようなトレーニングなのか?

(画像はクリックすると大きくなります)
イメージトレーニング
トレラン大会用にザムストのアームスリーブを購入しました。
10年以上前から使い続けている安心のグッズです。
コンプレッション機能により効果的な腕振りが出来ます。
(実感したことはありませんけどね)


イメージトレーニング
(上)ザムストブランド (下)ワークマンブランド
ザムスト製は腕にピッタリ張り付く感じになります。
また、シームレスなのでストレスを感じることがありません。


このブログは… いま何位?




ここでで購入することも多くなりました。
ラン用品がけっこう安いからです。
ヒマラヤ楽天市場店


JUGEMテーマ:マラソン・ランニング
Rest(休み) | comments(8) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

イメージトレーニングは成功体験を想像することが大切だと思います。苦しいことや失敗するかもしれない不安をわざわざ想起することは必要ないと思います。途中でやめて正解でしたね。
山 | 2019/04/17 10:06 PM

とにかく[捻挫や肋間神経痛(脇の下)を悪化しないことを祈りたいです。]
色々なアイテムを駆使して、ダメージを最小限に抑えたいですねm(__)m
monoran | 2019/04/18 5:23 AM
トレイルランは自然を楽しみながら走る心地よさとか、景観の良さとか、楽しい部分もたくさんあると思いますが、そちらの方向でイメージトレーニングしてみてはいかがでしょう?
少しでも肋間神経痛?が良くなりますように。
なみのり | 2019/04/18 7:29 AM
イメトレ♪イメトレ♪
気持ち良い天気だ
ちょっと疲れてきたけどまだ大丈夫
行ける行ける…っていつも思って走るんですけど
ウルトラは全くイメージ通りなりませ〜ん
(笑)
まっ楽しみましょうね♪
takaki | 2019/04/18 8:00 AM
☆彡山さん
イメトレを成功させるためにも何度もチャレンジする必要がありますね。
辛いからと逃げてはいけません。
今回は最大の難関を克服しましたよ〜(^-^)/
とし | 2019/04/18 8:26 PM
☆彡monoranさん
ありがとうございます。
そうですね、悪化だけは避けたいです!
少しでも良くなうように、いま最大限の努力をしています。
って、走ってないだけなんですけどね(^^;ゞ
とし | 2019/04/18 8:29 PM
☆彡なみのりさん
最初の山越えでは景色を楽しむ余裕がありません。
ただ下を向いて登り続けるだけです。
その後の楽しみを考えながら頑張ることにします(^-^)/
捻挫も肋間神経痛の良くはなって来ていますが完治はしていません。
とし | 2019/04/18 8:30 PM
☆彡takakiさん
トレイルもイメージ通りにならないかもです。
でも今回のイメトレは、辛い場面で気持ちを折らさないようにするものでした。
長時間苦しい思いをすることになりますが、少しでも頑張れるようになりたいです。
そうそう、楽しみましょう(;^_^A
とし | 2019/04/18 8:33 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi330.jugem.jp/trackback/4842
この記事に対するトラックバック