<< 11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(前編) | main | 11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(後編) >>

11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編)

●本日のラン
ジョグ:5km - 30分33秒16(6分06秒63/km)
シューズ:ナイキ エアズーム ペガサス 33
チョコと一緒に走る
4月度走行距離:108km(チョコ:76km)
今月の目標:未定​


午前8時、号砲と共にスタートしました
最後方スタートでしたが、ロスタイムは20秒程です。
最初は踝痛があって、かなり自重して走りました。

でも、1km程走ると痛みはあまり感じなくなりましたゆう★
その代わり右胸前面と背中の痛みが酷くなってきました。
約3kgのバックパックが揺れて痛みが出たみたいです。

痛みのために浅い呼吸しか出来ませんゆう★
「すぅ〜〜〜〜」 って感じで息を吸えないんです。
「ふう、はあ、ふう、はあ」 では上り坂を走れません。

結果、ロードで大幅にタイムロスすることになりましたゆう★
「ここでタイムを稼がなくては、完走さえ危ない!」
「最悪、今回は完走出来ないかも!!」

そう思いながら走った10mでした。

11kmから岩がゴロゴロの林道に入りました汗
ここは “捻挫再発” が怖くてほぼ歩きで進みました。
そのため、肋骨&背中の痛みは引いていきました。

12kmから山の中に入りますゆう★
ぼくにとっては、まるで崖のような急登です。
ここを走り抜けるランナーがいるなんて信じられません。
 →でも、トレイルラン大会なんですよね。
 →写真は昨日の記事を参照して下さい。

喘ぎながら、休みながら、とにかく上を目指しました汗
 たったの3km! されど1時間30分!!
 ガンバレ、頑張れ、ここが一番辛いところだぞ!!
 ここさえ越えれば、きっと完走出来るぞ。

何度もそう呟きながら、とにかく上を目指しました。

当然ながらリタイヤしたくなるほど辛かったです
でも… イメトレの成果があったのでしょうか。
思ってた以上に早く この急登は終わってくれました。

時間は昨年よりも7分25秒だけ速いだけですゆう★
でも、体感では30分くらい早く終了した感じです。
これはムチャクチャ嬉しかったです。

長くなったので、また “つづく” です うさぎぷぷ
→まだ、スタートから15kmなんですけど…。

ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン ライン

今日もチョコとゆっくりと5km走りました走る犬
筋肉痛等は かなり改善されてきています。
でも、全身の疲労感はいまだに残ったままです。

6:35.57 →  6:45.71  →  6:48.25  →  6:37.85  →  6:39.54
  (135)   →   (148)    →   (156)   →    (156)   →    (158)
 ※平均心拍数:151bpm 最大心拍数:162bpm
 ※平均ピッチ:169spm 平均ストライド:0.88m


昨日より、少しだけ速く走れましたゆう★
しかし、心拍数は相変わらず高いままでした。
なかなか疲労が抜けてくれません…。

今週末はどんな練習をすればいいかな ?
→奥武蔵78kmが6月2日にあります。

(画像はクリックすると大きくなります)
11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編)
山の中に入る前の10.8km地点にエイド(第1関門)があります。
ただし、あまり期待してはいけません。 水しかありません。
トイレは数人が並んでいました。


11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編)
約19km地点です。
「う〜ん、いい景色だな」 と思って撮影しました。
なんて、嘘です!! 辛くてそんなこと思えませんでした。


11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編)
その14分後、あまりに辛くて腰を下ろして休憩しました。
持って行ったソイジョイ・ストロベリーを食べました。
(あの急登でもブドウ糖タブレットを休憩しながら食べてます)
「ここから転げ落ちたらどうなるんだろう?」 と思いました。


11回東丹沢宮ヶ瀬トレイルレース・詳細(中編)
20.8km地点の第2エイド(第2関門)です。
ここにも水しかありません。 が、名物 “塩バナナ” があります.
バナナに塩をつけて食べるだけです。(個人的には 「?」 です)
お姉さんが満面の笑顔で撮らせてくれたのでモザイク無しです。
とし(プロフィール) | ジョグ | comments(8) | trackbacks(0)

COMMENT

バックパックが振動で動かないように固定できると良かったですね。ウエストバックなどと荷物を分けるのは難しいですか?塩とバナナ、確かにどちらも大切な補給食と思いますが、いっしょに食べるのはどうなんでしょう。
山 | 2019/04/24 9:39 PM
3圓發離丱奪阿鯒愽蕕辰徳る・歩くのは、物凄く難しいですね…

しかも、それに加えて[断崖絶壁の様な坂を進む過酷さ]…それに挑まれた「としさん」は、とても素晴らしいです(^^)(^^)

15km以降の展開や、いかに?????
(↑折角なので「連載物」にするのはどうでしょう(笑))
monoran | 2019/04/25 5:12 AM
トレランは急登を駆け上がったり駆け下る為の筋力や技術をつけないといけないのかもしれませんね。
ウルトラに向けた練習、朝夕2部練は有効だと思います。
なみのり | 2019/04/25 7:41 AM
塩バナナはミネラルはたっぷりかも
しれませね
スタートの慎重さが急登の快走に
繋がったのでは?
自分も全身倦怠感が半端なく
ブログサボってます(汗)
takaki | 2019/04/25 8:13 AM
☆彡山さん
動かないようには工夫しました。
でも、それは不可能なことですよね(^^;;;
塩バナナ、個人的には好きじゃありません。
が、お姉さんの笑顔の勧めくれるので… 食べました♪
とし | 2019/04/25 8:39 PM
☆彡monoranさん
重いとは思いませんでした。
ただ、走ると揺れて痛いところに当たるんですよね。
それで痛みが増しちゃいました。
“あの坂”は本当に辛いです(>_<)
とし | 2019/04/25 8:41 PM
☆彡なみのりさん
トレランは下りが肝だと思います。
上りはみんな遅いです(´▽`*)
しかし、速い人は下りを駆け下りていきます。
度胸と技術が必要だと思われます。
とし | 2019/04/25 8:43 PM
☆彡takakiさん
たしかに、慎重に(ゆっくり)走ったのが良かったのかもです。
塩バナナは、この大会の名物です。
ただし、味は… ちょっとね〜 です(;^_^A
ぼくの倦怠感は少しずつ良くなってますが、takakiさんはどうですか?
とし | 2019/04/25 8:46 PM









TRACKBACK

この記事のトラックバックURL
http://toshi330.jugem.jp/trackback/4849
blank