弱小ランナーとし

頑張ってる自分が好きです。でも、頑張るのも練習も好きではありません(^^;ゞ
そんなランナーがサブ3.5を目指し愛犬チョコ(♀)と走っています。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2006 ヤクルトランニング教室 その2 | main | 2006 ヤクルトランニング教室 その4(ラスト) >>

2006 ヤクルトランニング教室 その3

距離:10km
時間:1時間04分40秒
平均心拍数:143bpm
クッキーなし
夕方ラン
9月度走行距離19.8km
(目標240km)

昨日はヤクルトランニング教室の午前の部について書きましたが、今日は午後の部について書いてみようと思います。
まず「これだけで元が取れたんじゃないの?」と思えるお弁当を頂き、お昼休みです。
思い思いに競技場や外に出て…知り合った仲間たちとマラソン談義に花を咲かせながら食事を採りました。
ヤクルトランニング教室02
↑使い回しの写真ですみません…。

そして講義の部へ…。
グループは分けの内訳は…
「1」日常の練習方法
「2」試合前の練習方法
「3」ストレッチと体のケア
「4」補強トレーニングと故障時の練習方法
で、それぞれの部屋で質疑応答が行われました(その筈です)。

ちなみに ぼくが出席したのは「1」の 日常の練習方法です。
ヤクルト陸上部キャプテン石毛選手を始め、4名の選手が答えてくれました。
「LSDの考え方や位置づけ」 「具体的なスピード練習の方法」 「山岳の上りとロードの上りの違い」 「練習のバランスについて」 「故障時の練習について」などなど、いろいろな質問に親身になって答えていただきました。

ただ残念に思ったのは、答えてくれるのは現役の…それも中距離(長くてもハーフ)の選手です(1グループはそうでした)。
自ら行っていることについては自身の経験からすぐに答えてもらえるのですが、マラソン
のこととなると…ちょっと的外れな答えも返ってきました(^^;ゞ
指導者の方からもお答えがあったら良かったな、と思いました。
とはいえ、やはり実業団の選手です。
非常に参考になったし、角度を変えて考えればカルチャーショックを覚えるほどの話も多かったです。
いかに日ごろ偏った練習をしていたのか、思い知りました(x_x;)

最後は閉会式と抽選会。
ヤクルトランニング教室05
今回教えてくれた助監督・コーチ・選手たち

100名参加で40名分の商品があったみたいです。
ぼくの両隣に座っていたかたは、サイン入りTシャツと選手愛用(?)のリュックが当たりました。
ぼくは…最後まで拍手係りでした(T^T)
ヤクルトランニング教室06
商品のレモリアについて話すダニエル選手

でも最後に残念賞をもらい、ほくほく顔で帰路に着きました。
あっ、そうそう最初にYakultのTシャツももらってました(^○^)
写真は明日UPします♪

最後に…
今日からまた走り始めることにしました。
今月も頑張ります!
もっとも明日は休養日ですが…ヾ(@°▽°@)ノ

↓クリックお願いします。
banner_01
人気blogランキングへ
ランニング教室 | comments(2) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

Tシャツ良かったですね。

なるほど、現役の選手からのお答えですね。

欲を言えば市民ランナーの指導者からのお答えであればいいですね。

クッキーちゃん元気ですか?
とっきゅう | 2006/09/05 9:17 PM
そうなんですよねぇ。
やはり自分のレベルに降りてもらっての答えがベストだと思いました。
でも、トップの考え方に触れるのもそれはそれで参考になりました♪
とし | 2006/09/07 9:25 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://toshi330.jugem.jp/trackback/82
この記事に対するトラックバック